FC2ブログ
兎にも角にも、青きエレキギターフェチです。売ったり買ったり、所有機の変動が多いのが玉にきずw 自駄曲流れますんで、音量にご注意を!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にDiMarzioを鳴らしてみた
わたくしただ今、寄生虫の身分でつ。

誰が虫やねんっ!

お約束の関西風ノリツッコミでおます。
無論、帰省中が正解やし。

で、話は本題に。

我が家にはいくつかのDiMarzioがあるのだ。
あの野蛮さで育まれたのだ。

PE-1000GC

まずは、この子に弐機のっかってる DP101 Dual Sound
80年頃の代物で、当時 DP100 Super Distortion の4芯版として登場したのだった。
で、その頃のアンプ等の環境下にて、ピックアップ(以下PU)こそが超主役として頑張ってた時代やし。
そやからこのPUたるもの、桃電のうんちカードどころじゃなく

とびちりカードくらい、キチャナイ音なのだ!

コホン、品性が疑われたしw
ただホンマに野蛮そのものやし、この音っちゅうか歪み方。
しかしながら、当時はプロはもちろん猫も杓子もSuper Distortionを乗せてたのだ。
ま、癖にはなりますわな、この汚さ。
でも、今じゃ絶対に流行らんですたいね。



2015-03-18 143606

この子のリアには DP104 Super2 なのだ。
こいつがさらに古くて70年後半のものやし、2芯やし。
で、初めてDiMarzioに触れたのが、これでつ。
Super Distortionよりは幾分まとまった音やし、全音域において突き抜けてる感が強いのだ。
とはいってもそこはDiMarzio、やっぱり暴れん坊将軍なのでつ。
でも好きでつ、ポッ。

んでもって、フロントが近年の DP158 Evolution Neck なのだ。
無論4芯モデルで、高音域がすっごくハジケテまつ。
で、この2個のハジケタPUの組み合わせが、案外気に入ったりしてるし。どこまでも飛んでゆくがいい。
そして、おまけになんちゃってピエゾも付けてあるんで、良く言えば「この上なく賑やか」、悪く言えば

「やかましゅうてしゃあない」

ちなみにトグルスイッチ付近にあるイルカ君は、和歌山はアドベンチャーワールドの土産売り場で買ったもんやし、関係ないし(爆)

んでんで、我が愚息のためにこしらえた「ユートピア嬢」も

レア! 幻のギターらしき代物w

元々は前述のSuper2をフロントに付けてたんやけんど、あまりのハジケ具合に一人浮いてしまい

end4

DP156 Humbucker From Hell  に付け替えたし。

なんちゅうかシングルに近づけんやけんど、所詮アタック感やらはハンバッキングなのだ。
独特の、高音域しか考えてない煌びやかな一品なのでつ。ゆえに、線は細いざんす。
だが、これが功を奏してリアの名無しのPUとマッチしてるんですわ、旦那。
このHellクンってば、ここしか使い道がないんちゃう? っちゅうくらい繊細な子なんでつ、ホンマに。
ましてやリアポジションなんて、困難極まるやろなあ……と思いまつ。

今持ってるDiMarzioのPUは以上になりま……

おお、断線してる  DP103 PAF(旧型)  があるし!

いや~ね~ ったくw

ほな部品もそろったことやし、いよいよ次回からはニコイチ改造に突入しますし。
じゃあ、ZZZ。。。




7268

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
私めが作ったショボイバナーです。よろしければどんぞ
あ、村のバナー置き場のギターカテゴリーんとこにありやす。

貴方の一押し、話も弾む!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。